子供のかかとの痛み(シーバー病)を早期に治す方法

病院でシーバー病(セーバー病)と診断された子供さんの かかとの痛みが治らなくて悩んでいませんか?

 

成長痛だから安静にしておけば良くなって来ます!って言われてるけど良くなってこない。

 

子供さんの辛そうな毎日を何とかしてあげたいですよね。

 

大丈夫です

 

シーバー病(セーバー病)も適切な治療をすれば早期に改善させることができます。

 

シーバー病(子供さんのかかとの痛み)は成長痛なのか?

シーバー病とは運動を真剣にやっている子供さんに多い踵の痛み。 

特に走ったり、ジャンプすることが多いサッカー、バスケットボール、バレーボール、野球、陸上競技、ダンスを頑張っている10歳前後の子供さんに多いのが特徴です。

正式名は踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう)

 

病院や整骨院の先生の中には成長痛だから安静にしておいてって言うだけで、

湿布や痛み止め、電気治療で治るのを待つってことを治療としていることが多いのが現状です。

 

でも、シーバー病も膝の症状 オスグッド病と同様に成長痛なのでしょうか?

私は成長痛とは考えていません。

 

成長痛と言うならもっと多くの子供さんが同じような症状になっていると思いませんか?  

でも痛くならない子供さんの方が圧倒的に多いのが事実。

おかしいですよね。

 

では、何故あなたの子供さんだけがかかとの痛みを訴えているのでしょうか?

一般的にはシーバー病の原因は、ふくらはぎの筋肉足の裏の筋肉が硬くなってしまい、痛みが出ている箇所の負担が大きくなってしまっていることで起こる症状と言われています。

 

つまり、安静にして体を休めることや、硬くなっている足の筋肉を柔らかくすることが必要なのです。

 

●痛みの出ているところを中心に電気治療をしている

●ふくらはぎや足の裏のマッサージをして柔らかくしている

●運動をやめて安静にしている

 

病院や整骨院の先生に言われて安静にしているし、原因の場所を治療してもらっている。

 

やることやっているのにそれでもなかなか改善してこなくて困ってしまっているのだと思います。

 

実はかかとの周辺だけの治療ではダメなんです。原因を作っている原因まで考えて治療をしていかないといけないのです。

 

シーバー病になる子供の共通点

シーバー病になる子供さんには共通点があります。

 

  • 姿勢が悪い(立ち方、座り方)
  • 運動前、運動後にストレッチや体のケアをしていない
  • スマホやゲームを長時間していることが多い
  • 体が元々硬い
  • 練習量が急激に増えた
  • スポーツを始めて間もない
  • 睡眠不足が続いている
  • 運動を休めない環境にある

 

あなたの子供さんもいくつか当てはまりませんか?

 

シーバー病になっている子供さんは、日常生活の悪い習慣や運動量の変化が積み重なってふくらはぎや、足の裏が硬くなってしまっています。

 

つまり整形外科や整骨院で治療していても、日常の習慣や運動量の見直しもしていかないと本当に良くなっていかないのです。仮に少し改善できたとしても、運動を始めた途端に痛みがぶり返すってことになるのです。

 

明石 まえだ整骨院に来られるシーバー病の子供さんの体を診ると

  • 骨盤がゆがんでいる
  • 筋肉に硬さが顕著にある
  • 立っている姿勢のバランスが悪い
  • 踵以外に悪いところがいくつかある

 

かかとが痛くなる原因にはそれなりの「原因」があるのです。

 

身体のバランス、骨盤、筋肉の調整日常生活の習慣の改善で今まで良くならなかった子供さんの踵は驚くほど早く改善していきます。

 

来院時には足を引きずって来られた子供さんでも帰るときにはスタスタ普通に歩いて帰られることもあります。

 

運動中に踵を痛がっている、もしくは運動後に痛くなる
踵が赤く腫れていて、常に気にしている
踵を押させると痛がっている
走ったり、ジャンプもしくは歩いても痛がっている
足を引きずり出している
松葉杖で毎日を過ごしている

 

あなたの子供さんがもしこのような症状で毎日辛い思いをしているのなら、明石 まえだ整骨院はお手伝いできると考えています。

 

状態にもよりますが3回から5回の施術で痛みなく歩けるようになります。その後は運動、スポーツしても痛くならないような体にしていきます。

 

子供さんがスポーツを頑張っているのであれば、早期復帰ができるようにお手伝いさせて頂きます。

 

明石市、神戸市の子供さんで、病院や整骨院に行っても改善してこないかかとの痛みをお持ちなら子供さんと一緒にお越しください。