腰部脊柱管狭窄

  • 歩ける時間が5分、10分ともたないので買い物にも行けない
  • 脚へのシビレや痛みが増してきていて日常生活がツラい
  • 今行っている病院では手術も勧められているが絶対に嫌だ
  • 両方のお尻や足が痛くて今後が不安
  • 腰痛のため足を引きずっている

 

明石 まえだ整骨院に来院される脊柱管狭窄症の方の多くは病院でしっかり検査されて診断を受けている方が多いです。

ブロック注射、運動療法、痛み止めの薬で対処されている事が多いですが効果があまりなくて普通の日常生活が送れなくて悩んでいます。

 

脊柱管狭窄症とはどんな状態なのでしょうか?

背骨には、脳から続く脊髄(神経)が通るトンネルがあります。

このトンネルを脊柱管と呼ぶのですが、椎骨のズレ靭帯が分厚く変性椎間板と言われる軟骨などが飛び出すことでこのトンネル部分が狭くなります。

このトンネルが狭くなり、脊髄(神経)が圧迫されてしまっている状態が脊柱管狭窄
なのです。

 

病院ではMRIやCTなどの画像検査により容易に診断されます。

 

脊柱管狭窄症になればどんな症状が出てくるのか?

腰部の痛み・坐骨神経痛(お尻から足の裏側の痛み)・しびれが主な症状です。

明石市まえだ整骨院:坐骨神経痛のしびれが出る場所

腰部脊柱管狭窄症による足の痛みは、腰椎椎間板ヘルニアにおける痛みほどは強くはありません。

 

痛みやしびれは、安静時には症状が軽かったりもしくは痛みを感じなかったりします。

 

しかし、歩行や立つ姿勢を継続すると症状が悪化してしまい、腰を前に曲げて休むと足の症状が軽減・消失するという、いわゆる「間欠性跛行」とよばれる症状になるのが特徴です。

 

この間欠性跛行が酷くなると、連続して歩ける距離が短くなり、安静にしている時の足への痛や「しびれ」も強くなってきます。

*間欠性跛行に関しては閉塞性動脈硬化症などの血管の病気でも起きますので鑑別が必要です。

 

さらに悪い状態になると排尿や排便に障害が認められたり、筋肉の低下に至る場合もあったりします。

 

もしあなたがまだ「脊柱管狭窄症」と診断されていないのであれば、いくつ当てはまるかチェックしてみて下さい。

 

□ 40歳を過ぎてから腰が痛くなってきている
□ 姿勢は悪い方だと自覚している
□ 長時間立っていると、下半身に痛みやしびれが出てくる
□ 数百メートル歩くと足や腰に痛みが出たり重ダルくなるが、座って休むと治まる
□ 腰、背中を後ろに反らすと、腰に痛みが強くなる
□ 排尿しても、残尿感がある
□ 最近よくつまずくことがよくある
□ 腰が痛い時に、前屈みになると症状が和らぐ
□ 歩く時に足の裏に何か張り付いている感覚がある
□ 糖尿病にはなっていない
□ 腰痛になり始めたのと同じくらいに便秘がはじまった

 

当てはまる数が6つ以上ある場合は脊柱管狭窄症を疑います。

 

明石 まえだ整骨院では脊柱管狭窄症の施術はどうするの?

脊柱管狭窄症は完全に元のいい状態に戻すのは難しい症状です。 手術をしても70〜80%で何らかの症状が残ることが欧米の医療機関で報告されています。

 

加齢に伴って背骨が固まってしまっていたり、排尿排便障害、筋肉の低下が伴っている症状では何ともならないこともあります。

 

しかし、原因が体の歪みや姿勢の問題であるのであれば少なくともあなたの抱えているお悩みを改善させることができることもあります。

実際に当院で施術を受けて頂いた方で多くの方が症状が改善されています。

 

体のバランスを全体的に整えて、姿勢改善させていく事は当院の得意とする所です。

 

明石 まえだ整骨院の整体施術 5つの特徴

 

1、しっかりお話を聞く(当たり前のことを最重要だと考えています)

●なぜ症状が出てきたのか?

●どんな身体の使い方がツラいのか?

●日常どんなことに困っているのか?

皆さん生活背景が違うので、お話しをお聴きすることに時間をかけています。

 

2、検査を通してどこの部分が根本的な原因になっているのかを明確にして説明します

検査をしながらもどこが良くてどこが悪いかを説明しながら進めていきますので分かりやすいとお声頂いています。

 

3、痛くない施術で身体を調整します

小学生から100歳近い方までお受け頂いていますし、常に「痛くないですか?」と訪ねながら進めていきますので安心して施術を受けて頂けています。

 

4、施術前、施術後の違いを感じて頂きます

施術前の検査動作を施術後にも行ないます。ですので違いがハッキリと分かります。
また、施術の効果をお写真を使って姿勢の変化を明確に確認して頂きます。

 

5、日常生活や仕事場での宿題

施術だけが治療ではありません。ご自宅や職場で必要な体操やストレッチ、身体にとって良くない習慣の改善点なども必ずお伝えします。

 

明石市 「まえだ整骨院」で改善された患者さんのお喜びの声をご覧下さい

 

 

 

お名前:N・T さん 症状:脊柱管狭窄症  明石市在住

腰、お尻・太もも・ふくらはぎ にかけて、ピリピリと痛みが続き我慢できない程でした。

別の整骨院では坐骨神経痛だろうと診断され、あまり回復の期待が持てない感じでした。

カイロプラクティックでは冷えからくる痛み、坐骨神経痛かも…。あたためる様に言われました。

整形外科ではMRIを撮り、腰部脊柱管狭窄症の軽いものと診断され日常生活においての不適切な姿勢を教えてもらいました。

もう一つの整骨院では、お尻の上の筋肉をほぐすマッサージを主に受けました。

しかし、どれもこれと言った治癒に至りませんでした。

 まえだ整骨院様に通院する様になり、通院時のマッサージの他に次回来院までの宿題としてストレッチをご教授していただき、日々そのストレッチに励みました。

 今では約月一回程度の検診程度で大丈夫?みたいな感じです。

腰が痛いな〜と思ったらストレッチをする様にしています。

まえだ整骨院様に来て良かったです。感謝しています。ありがとうございます。

※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。

 

 

※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。

お名前:Y・Yさん 症状:脊柱管狭窄症  明石市在住